連載 星夜の逸品 -児玉光義-

ドームなび GOTO投映支援サイト

天体望遠鏡の格納箱「part 3」 3/5
~格納箱を見ればおおよそいつ頃のどんな望遠鏡か見当がつきます~

更新日 2018.4.16

コメット号の格納箱に貼られた“銘板の怪”(3)

(写真)天頂プリズムの収納

↑天頂プリズムの収納

天頂プリズムは、プリズムの反射面の方を上にして入れると、きちんと押えられるようになっています。

(写真)接眼鏡を鏡筒の接眼部に差し込んで収納

↑接眼鏡を鏡筒の接眼部に差し込んで収納

さらに、H10~20mmの組合せ式の接眼鏡は、鏡筒の接眼部に差し込んで収納します。こうすると、鏡筒に虫や埃の入ることを防ぐことができます。
これで、ほとんどの付属品が収納できましたが、ただ一つ、サングラスだけが残りました。これといった収納場所も見当たりません。さあ、どうするか? 空いている所にそのまま置いておくわけにも行きませんので、輸送用の箱に入れたまま格納箱の隅に納めました。

(写真)サングラスは輸送用の箱に入れたまま格納箱の隅へ

↑サングラスは輸送用の箱に入れたまま格納箱の隅へ

< 2.にもどる

次回もお楽しみに。

このページのトップへ